自分用メモを公開している感じ

戦略/マーケティング

ハーバード上位5%の名和氏が語る「課題を解決する事業が求められる」講演メモ

更新日:

図司
どうも、zushi-labの図司です。 はじめましての方、はじめまして。

講演メモですよ

一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 国際経営戦略コースの名和教授の講演を聞いたときのメモを情報共有してみます。(2015年9月)

300_bit141020nawa01

今回講演くださった名和教授は数少ないベイカー・スカラー受賞者。

ハーバードのMBAで上位5%という鬼のような成績を残した人に与えられる「ベイカー・スカラー」を日本人で受賞したのはたった5人!
超天才。

5人とその経歴はWikiから引用↓

①堀 紘一
ボストンコンサルティンググループ日本代表、ドリームインキュベータ創業者・代表取締役会長、元読売新聞社、三菱商事(1980年に日本人初の受賞)

②名和 高司
マッキンゼー・アンド・カンパニーディレクター、ボストンコンサルティンググループ シニアアドバイザー、元三菱商事(1990年に日本人2人目の受賞)

③御立 尚資
ボストンコンサルティンググループ日本代表、元日本航空(1992年に日本人3人目の受賞)

④岩瀬 大輔
ライフネット生命保険共同創業者・代表取締役社長、元ボストンコンサルティンググループ、 リップルウッド(2006年に日本人4人目の受賞)

⑤鬼塚 哲郎
TPG Capital (Singapore) Pte Ltd. ヴァイス・プレジデント、元モルガンスタンレー(2011年に日本人5人目の受賞)

講演アジェンダはこんな感じ

□共通価値の経営(Creating Share Value)

□社会課題を解決しつつ、経済価値を追求する

講演内容

□競争の戦略で有名なマイケル・ポーター氏は資本主義の権化であり、CSV(Creating Share Value)を提唱しているが、「ポーターには"日本だからこそ"の部分がわからないから」ということで名和教授は日本初CSVを考えている。

□富とは分配するものではなく、創造・拡大できるものである。

□本質的課題を解決できる事業が社会から求められており、ホールフーズ、GE(eco&healthy)、ユニリーバ、ネスレあたりはそういう企業であり、特にネスレは収益以外の無形の部分についてもKPIを定めて結果を公表している。

個人的なまとめ

「サービスを提供する」というぬるいものではなく「顧客の課題を解決する」という本質に迫る事業にこそ価値があると再認識した。

だいたいWebサイトやブログ(このブログ含む)をやっている人で勘違いしている人が多いのがこれ。

「情報を提供すればいい」というだけでなくて「困っている人の役に立つ」という観点でできればいいよね。

紹介していた本

競争の戦略

世界でいちばん大切にしたい会社 コンシャス・カンパニー (Harvard Business School Press)

余談

名和教授が所属している一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 国際経営戦略コースはめちゃめちゃおもしろそう。

専任教員(2016現在)とそのジャンルをみるだけでもワクワク

阿久津 聡
マーケティング、消費者心理学、文化心理学、知識経営論、ブランド論、行動経済学。

一條 和生
知識創造理論、イノベーション、リーダーシップ

伊藤 友則
企業金融・経営財務・M&A

大上 慎吾
数理統計学、計算機統計学、金融工学、マーケティング・サイエンス

大薗 恵美
競争戦略論、イノベーション・マネジメント、知識経営論

岡田 英理
行動意思決定理論、消費者選択モデリング、消費者心理学

小野 浩
人事管理、組織論、国際経営、人的資本理論、幸福度、統計学

菅野 寛
オペレーションマネジメント、経営戦略、経営実践論

楠木 建
競争戦略論、イノベーション

古賀 健太郎
管理会計

コーバー マイケル
アントレプレナーシップ、ベンチャーキャピタル、ビジネスエシックス

孫 康勇
Organizational Change and Innovation, Japanese companies’ Global Management, Management in Emerging Markets

名和 高司
グローバル経営、成長戦略、イノベーション、企業変革、リーダーシップ

藤川 佳則
マーケティング、サービス・マネジメント、消費者行動論

ロビンソン パトリシア
多様性と紛争 解決、比較ビジネスプラクティス

楠木教授のストーリーとしての経営戦略も読ませてもらったがなかなか印象に残るものでしたし、 藤川准教授の講演も飽きさせない熱量と質量のある講演でした。

すごいなこのコースは本当に。

藤川准教授の講演メモはこちら

図司
どうも、zushi-labの図司でした。

PC

PC

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ご参考に

1

図司どうも、zushi-labの図司です。 はじめましての方、はじめまして。「ゆとりずむ」という社会派(?)なブログを運営しているIT技術者に らくからちゃ氏という方がいます。 知識と経験があることに ...

2

図司どうも、zushi-labの図司です。 はじめましての方、はじめまして。「アート」と「デザイン」について 「アート」や「デザイン」と言うと「それって芸術分野??」って結構多くの人が思ってるはず。 ...

3

図司どうも、zushi-labの図司です。 はじめましての方、はじめまして。幼少期のマンガの影響 ドラゴンボール 幼稚園~小学校の頃、ドラゴンボールの新刊を買ってもらうのを楽しみにしていました。人造人 ...

-戦略/マーケティング

Copyright© 【 zushi-lab 】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.