自分用メモを公開している感じ

ニューカレドニア

海外へ行くときのコスパ最強のリスク対策とは?

更新日:

図司
どうも、zushi-labの図司です。 はじめましての方、はじめまして。

一度きりの人生!世界中をみてまわりたい!

そんな思いで、これまでに留学旅行出張などで、世界中何ヶ国もまわってきました。

最初は学生時代のホームステイでした。
イギリスに短期留学で田舎町のホストファミリーのお宅に滞在していました。
北部に旅したり、サッカー観戦したり、ロンドンの裏側を探索したりと、なかなか得られない貴重な経験をしてきました。

そして、社会人になってからも、新婚旅行でフランス領のニューカレドニアに行ったり、仕事でアジア各国に出張したりと、海外に行く機会がけっこうありました。

きっとこれからも 旅行に出張にと、海外を飛び回ると思います!

 

さて、そんな私ですが、基本的にはリスクをあまり考えないで行動してしまう性格なんですよね・・。

ということで、実は海外でけっこう危ない目に遭ってきました・・・。

例えば・・・

  • 外人の不良集団にかこまれる
  • エイの毒針で流血さわぎ
  • 感染症で喉に特大の腫瘍ができる

など・・・。ツライ。

当時はどうにかこうにか切り抜けられたのですが、今になって思い返せば、財布や物を盗られていたかもしれないですし、現地で入院することになっていたかもしれません・・・。
我ながら結構危ない・・・。

ということで、30代に入ってから、ようやく海外に行くときのリスクを考えるようになりました。

リスク対策について色々調べ上げなきゃ!みたいな。

そして、何日もWebの海にザブザブもまれてようやく答えにたどりつきました!!

その結果は・・・

クレジットカードのゴールドカードを持つという選択をすることにしました!!

色々調べる中で、海外に行く人にとってゴールドカードを持つことはもはや必須だと痛感しました。



まだお気づきでない方のために、詳細まとめてみましたのでご参考にどうぞ。

三井住友VISAカード

結論から言いますと、三井住友VISAカードのゴールドカードが最適だと思いました。

三井住友VISAカード最大の特徴は、何といっても最王手のVISA発行会社ならではの信頼感。

あと三井住友海上火災も仲間なので、保険が手厚い!

この記事を読む方にはクレジットカードを極めたプロはいないと思いますので、そんな人にもお薦めできる安心なカードであることは間違いありません。

せっかくなので、もっと細かい話をさせてください!!

図司
とにかく保険と緊急サポートがスゴイんですよ。

大事なことなので2回言います!

図司
とにかく保険と緊急サポートがスゴイ!!

OK!!

海外旅行保険が充実

私が働いている会社では海外出張の度に会社と提携している保険に入ることが義務付けられています。

それくらい海外に渡航することにはリスクがあると一般的には考えられているんですよね。
そのため、当然、個人で海外旅行する場合も保険に入っておいた方がベターです。

でも実際には旅行の都度、保険に入るのはお金もかかるし面倒・・・。

それを解消してくれるのがクレジットカードなんです。

図司
クレカいいよ

なぜなら海外旅行保険がオマケでついてくるから!!

特に三井住友VISAはカードに付帯してくる海外旅行保険の補償が充実っぷりがスゴイです。

他社のクレジットカードに付帯する海外旅行保険の場合、現地でかかってしまう治療費はいったん自分で立て替えて帰国後に請求するパターンが多いんです。

しかし、なんと三井住友VISAカードでは現地でお金を払わずに治療が受けられます!!

三井住友VISAカードの海外保険の補償パターン

3パターンあります。
それでは1つずつ解説していきますね。

①クラシック(年会費:1,250円)

傷害死亡・後遺障害:最高2,000万円
傷害治療費用:50万円
疾病治療費用:50万円
賠償責任:2,000万円
携行品損害:15万円
救援者費用:100万円
家族特約:なし

⇒ひととおりの保険がついてきます。
これだけでもお得感がスゴイ。

②クラシックA(年会費:1,500円)

傷害死亡・後遺障害:最高2,000万円
(自動付帯300万円+利用付帯1,700万円)
傷害治療費用:100万円
疾病治療費用:100万円
賠償責任:2,500万円
携行品損害:20万円
救援者費用:150万円
家族特約:なし

⇒特に目を引くのは傷害も疾病も治療保険が100万円まで倍増していることです!
病院送りになっても100万円出るならとりあえず安心でしょう!

③ゴールド(年会費:10,000円)
(プライムゴールド(年会費:5,000円))

傷害死亡・後遺障害:最高5,000万円
(自動付帯1,000万円+利用付帯4000万円)
傷害治療費用:300万円
疾病治療費用:300万円
賠償責任:5,000万円
携行品損害:50万円
救援者費用:500万円
家族特約:あり

⇒なんと!治療費用が300万円まで3倍になっています!!
しかも家族特約まで付いてきてくるので向かうところ敵ナシ!!!

海外旅行保険で最も重視すべきは「傷害・疾病治療」

先ほどまでも何度も言ってきましたが、海外旅行保険の中でチェックすべきポイントは、傷害(ケガ)の治療費用と、疾病(病気)の治療費用への補償金額です。

保険会社は「最大◯億円補償!」などという売り文句で保険商品をアピールしますが、それらはほぼ利用する可能性がない傷害死亡・後遺障害、賠償責任の話です。

利用頻度を考えると、傷害死亡・後遺症なんてそうそう起こらないですから、やっぱりケガや病気をチェックすべきでしょう。

海外だと日本の健康保険は効かないですからね!

いざ海外で病院を使うことになるとめっちゃ高くお金とられますからね・・。

海外旅行保険の「付帯条件」

クレジットカードの海外旅行保険で見落としがちなのが付帯条件です。

付帯条件とはどんな時に保険が適用されるのかという基準

付帯条件には利用付帯自動付帯があって、それぞれ保険が適用されるタイミングが違ってきます。

▼利用付帯
⇒旅行代金を当該カードで支払えば保険が適用

▼自動付帯
⇒カードを持っているだけで保険が適用

ということで、利用付帯だと「旅行代金の支払いにカードを利用するのを忘れないようにしなくちゃ…」と覚えておかなきゃいけなかったり、何らかの理由で旅行代金の支払いにカードの利用ができない場合もあると思います。

何にせよ、利用付帯は使い勝手が悪いです。

三井住友VISAカードの海外旅行保険は基本的に自動付帯なので安心です。

ただ、「クラシック」は利用付帯なので、あえてそのカードにするのは損かもしれません。

また、「クラシック」よりワンランク上の「クラシックA」も、傷害・疾病治療が100万円までなので少し不安が残ります。

海外で痛い目をみそうになった私の感覚では、やっぱり傷害・疾病(病気・ケガ)の治療に補償が効くというのは本当に心強いものですし、その上限金額も高ければ高い方がいいです。

海外では医療費が日本ではありえないくらい高額になる場合がありまして、入院したら数百万円請求されたなんて話も普通にでてきますからね・・・。

そういったことから、私は傷害・疾病治療の補償額300万円が出る三井住友VISAの「ゴールドカード」にしました。

図司
ふふふ、ゴールド。

これらのカードであれば、付帯海外旅行保険だけで十分でしょう。

さらに、ゴールドカードは家族にも保険が適用される「家族特約」がありまして、海外旅行保険で最も利用機会が多い傷害、疾病治療も300万円とクレジットカード最高レベルの補償を誇っています。

このカード、本当に最強です。

おさらいしましょう。

三井住友VISAカードの海外旅行保険

ゴールド=◎カードの保険だけで十分

クラシックA=◯人によってはカードの保険だけでは不十分

クラシック=△カードの保険だけでは不十分

三井住友VISAカードの緊急アシスタンス

あと、忘れてはいけないのが緊急アシスタンスのサポートです。

・医師・医療施設の紹介・案内
・医療費キャッシュレスサービス
・患者の医療施設への移送
・患者の本国への移送
・現地での医師の緊急派遣
・医薬品類の緊急手配
・通訳の紹介・手配

海外で困ったときに電話1本入れればサポートしてくれるなんて本当に素晴らしいですよね。

私、ニューカレドニアでの新婚旅行中にエイの毒針に刺されて流血騒ぎを起こしたときがありました。

そのときはホテルの方にどうにかこうにか対処してもらったのですが、今思い返せばゴールドカードがあれば緊急サポートを受けられたんだなぁ、と思います。

そうすれば、海外旅行保険のサービスの一貫として、現地の病院を紹介してもらう病院への交通手段の手配といったサービス(下記参照)が利用できたのです。

英語に自信がない人で現地でパニックになった場合も、こちらにかければ現地の人と緊急サポートの人とが会話してくれるということも可能なようで本当に心強いですよね。

 

万一、そのときに病院で治療することや、最悪入院することになったとしても、海外旅行保険の医療費キャッシュレスサービスを利用できるので、保険会社が医療費を肩代わりしてくれるので本当に安心。

病院への往復のタクシー代も海外旅行保険に請求できます。

何これ。サービスすごすぎません??大丈夫?

まとめ

ということで、三井住友VISAのゴールドカードは本当にお薦めです。

これを1枚持てたことで、日ごろの生活でも気持ちに余裕がでてきて気分よく暮らすことができています。

三井住友VISAカードは公式サイトから申し込むと、初年度の年会費が無料になります。
私もそれでゲットしました。

カードのデザインもカッコいいし、大人が持つべきカードですね。

▼公式サイトをチェックする方のためにリンクを貼っておきます。


図司
どうも、zushi-labの図司でした。

PC

PC

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ご参考に

1

図司どうも、zushi-labの図司です。 はじめましての方、はじめまして。「ゆとりずむ」という社会派(?)なブログを運営しているIT技術者に らくからちゃ氏という方がいます。 知識と経験があることに ...

2

図司どうも、zushi-labの図司です。 はじめましての方、はじめまして。「アート」と「デザイン」について 「アート」や「デザイン」と言うと「それって芸術分野??」って結構多くの人が思ってるはず。 ...

3

図司どうも、zushi-labの図司です。 はじめましての方、はじめまして。幼少期のマンガの影響 ドラゴンボール 幼稚園~小学校の頃、ドラゴンボールの新刊を買ってもらうのを楽しみにしていました。人造人 ...

-ニューカレドニア

Copyright© 【 zushi-lab 】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.